水没したiPhone・・・すぐに行わなければいけない対処法とは?

iPhoneが水没してしまったら、直ちに行わなければならない対処法とはどんな対処法なのか? - 水没したiPhone・・・すぐに行わなければいけない対処法とは?

水没したiPhone・・・すぐに行わなければいけない対処法とは?

iPhoneの中には防水機能の付いていない種類が現在でもたくさん存在しています。防水機能が付いていないiPhoneが水没してしまった場合であっても諦める必要はありません。まずはどのように対策するのかを知るべきです。

落ち着いて水から取り出す

iPhoneが水没してしまった場合には、即座に自ら取り出すことが第一に行わなければいけないことです。しかし、慌てていて水から取り出すのが遅れてしまうと、壊れてしまう可能性も高くなりますし、修理する場合でもより高いお金が必要になる可能性もあるでしょう。
場合によっては買い替えをしなければいけないので、まずは慌てないですぐ水から取り出すことが大切になります。さらに水から取り出したときには、すぐ水を拭き取ることも忘れてはいけません。女性の場合はハンカチやタオルを持ち歩いていることが多いですが、男性は持ち歩いていないことも多いので、できる限り持ち歩くようにするとよいでしょう。

電源を切る

iPhone水没を未然に防ぐように注意をしていても、やはり水に濡れてしまうことや、水の中に落としてしまうことはあります。そんなときにはまず水から取り出し、水滴をきれいにふき取りましょう。次に行うべきことは、電源を切ることです。知っての通りに水は電気を通しやすいので、電源を入れたままでは故障の原因になります。
少しでも故障を防ぐため、少しでも修理代を安くするためには、正しい対処法を覚えておかなければいけません。それが電源を切ることなので、間違っても電源を入れたままにして、熱で水滴を蒸発させてしまおうなどという無茶なことをしないようにしましょう。
もちろん充電などはもってのほかなので、すぐ店に行ってiPhoneの修理を依頼しないといけません。できるだけ早く電源を切ることが重要なので、水没させてしまったからと言って慌てないように注意しましょう。

付属品を取り除く

スマートフォンにはいろいろな付属品が最初から付けられているのですが、主な付属品と言えば、バッテリーやSIMカードなどが一般的です。人によってはiPhoneを水没させたことに焦ってしまい、周りだけを拭いてそのままにしてしまう人もいるでしょう。
防水機能が付いていないということは、iPhoneの内部まで水が入り込んでいる可能性が高いのです。そのため、iPhoneの内部にあるバッテリーやSIMカードなどもきちんと拭き取っておかないといけません、そうすることで少しでも復活できる可能性を高めることが重要です。
iPhoneの場合には、購入時にSIMピンと呼ばれている付属品が付いているのが一般的です。このピンを使用することで、SIMカードを簡単に取り外すことができます。取り外したバッテリーやSIMカードはきちんとティッシュなどで水分を拭き取り、iPhone内部もきれいに水分を取り除きましょう。

乾燥材を使用する

trthrth
iPhone水没によって内部まで水が入ってしまった場合でも、運がよければ復活できる可能性もあるのですが、そのためにはできるだけ早く乾燥されることが重要です。風通しのよい場所で乾かすという方法もよいのですが、必ずしも風が吹いているとは限りません。
そんなときには乾燥材を使用する方法がおすすめできます。もちろん乾燥材を使ったからと言って、確実に復活できるというわけではありませんが、何もしないよりは遥かにましでしょう。ダメもとで試してみてはいかがでしょうか。

水没させないことが第一

水没したときの対処法を知ることも重要ですが、やはり水没させないのが1番なので、防水ケースなどを使用するとよいでしょう。

iPhoneを水没させてしまったら・・・?

★iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」なら、水没で動かなくなったiPhoneを修理します。